snap_ka2403_201190224256.jpg

絵を描きながらなんのネタを書こうか考えていたら
高校時代の美術の大会を思い出しました。
あの時は絵に対しての指摘がすごく欲しくて
褒められるよりかダメな点やもっと良くしたらいい点を聞きたくて
色々な先生に絵の講評をお願いしていました。

これって、絵以外にも言えることなんだなあと。
仕事でも指摘されれば改善できるから
指摘されることはすっごく良い事なんだなあと。

でも専門に入ってから指摘がすごく怖くて怖くて嫌で…
高校の時の自分はどこへ行ってしまったのかと…
絵は本当に好きだったから何を言われても頑張ってこれたけれど
専門は正直自分の本当の意思で進んだわけではないから
やる気が段々起きなくなっていってしまった
ものすごい甘い考えですけどね。
今は休学の身だけれど、これからどういう人生に進むかきちんと考えないといけないな。
指摘をもらってもへこたれず頑張っていけるような仕事につけたら幸せです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かびほ

Author:かびほ
ゲームと食玩収集とドラマ鑑賞が趣味
カービィ愛して16年

十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
ぴくしぶ
ついった
drawr
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク