スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたアイマルの小話



「僕が君を嫌いになってしまったら、どうする」

唐突にマルスは俺に話かけてきた。

「嫌いになられたら…そうだな、俺はきっとその事実を受け止めるだろうな」
「嫌だとか嘘だとか言ってくれないわけ?」
「何を言おうと俺はお前に嫌われているんだろ。今更そんなこと言ったって無駄だ。それともなんだ、俺に否定してほしかったのか」
「…まあ、否定されたら嬉しいな、僕は」
「それはあんたが今俺を好きだから言えることだろ。嫌いになったら否定されても面倒くさいとしか思えない」

マルスは黙って俺の顔を見つめ、ふっ、と笑いだした。

「何がおかしいんだ」
「ふふ、いや…君の言う事は正論だなと思って」
「…ほう」
「確かに君の言う通りだ。僕は今、君が好きだから否定されたら嬉しいって思っているんだものね」
「嫌いな奴に否定されて嬉しいと思う奴なんで滅多にいないだろうしな」
「僕が君を嫌いになってしまったとして、否定されたらどんな気持ちか、今は全く想像がつかないな」
「なんでだ」

「だって僕は君を嫌いになんてなることは、きっと無いと思っているから」



「…」
「どうして黙るのさ」
「…いや、ありがとう、マルス」
「…変なアイク」




会話ばっか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かびほ

Author:かびほ
ゲームと食玩収集とドラマ鑑賞が趣味
カービィ愛して16年

十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
ぴくしぶ
ついった
drawr
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。